9/10に始めた「1つ2つ倒産してもトータルでプラスになる投資法。日本の低位株10銘柄購入」ですが、9/11.12.14と合計4日間に分けて17銘柄購入しましたが、今日までに全銘柄売却しました。

1ヶ月で約18%の利益となりました。

1,2銘柄は倒産しても仕方がないという覚悟をもって買い進めたのですが、運良く1つも倒産することなく売却できました。

今回、全銘柄売却に至った理由はただ1つ

リスク回避
です。

日本株は10月末から年末にかけて上昇しやすい時期ですが、思っていたより米中の対立が深刻なものになる可能性を感じたので、一度すべて手放し、客観的に日本株と向き合える状態を作ることにしました。

▶参考 日経平均2万3000円超え。年末にかけてさらなる上昇があるのか

低位ボロ株は、機関投資家はもちろんのこと、個人投資家からも見向きもされていないので、数円~数十円という株価になっているので、市場全体が暴落が起きてもパニック売りされるとしても、順番的にはかなり後の方です。

ですので、焦って売る必要はないのですが、1ヶ月で18%も利益が出て思ったより調子が良いので、利益が無くなる前に売ろうということになりました。



銘柄ごとの株数、買値、売値、手数料と税金を抜く前の損益を次のようになりました。

2134 燦キャピタル 3000株 57円→148円 +273,000
2370 メディネット 2100株 78円→79円 +2,100
3111 オーミケンシ 2000株 89円→88円 -2,000
3350 レッド・プラネット 1万株 20円→20.25円 +2500円
3390 INEST 2000株 80円→118円 +76,000円
3777 ジオネクスト 3500株 49円→51円 +7,000
4347 ブロードメディア 2500株 64円→64,1円 +250円
5103 昭和HD 2300株 79円→73円 -17,800円
5955 ヤマシナ 2300株 85円→92円 +16,100円
6775 TBグループ 3000株 38.9円→37.5円 -4,200円
7571 ヤマノHD 2100株 95円→102円 +14,700円
7612 Nuts 2000株 78円→91円 +26,000円
8704 トレイダーズHD 2100株 70円→70円 ±0円
8925 アルデプロ 2500株 40円→89円 +122,500円
9263 ビジョナリーHD 2000株 89円→107円 +36,000円
9318 アジア開発キャピタル 18100株 10円→10円 ±0円
9973 小僧寿し 2500株 79円→77.2円 -4,500円

合計+547,650円
300万の投資で1ヶ月で54万のプラスなので、想定以上の成功です。

市場全体がさらに暴落したときにまた買い直したいと思います。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村←1日1クリックしてもらえたら嬉しいです♫